2020年08月07日一覧

NO IMAGE

スキャルピングについては…。

チャートの時系列的変化を分析して、売り時と買い時の判定を下すことをテクニカル分析というわけですが、これさえ可能になったら、売買の好機を間違うことも少なくなるはずです。驚くことに1円の変動でありましても、レバレッジが1倍ならば1万円の損益なのですが、10倍の場合は10万円の損益なのです。結論として「レバレッジが高倍率になるほどリスクも大きくなる」ということです。今では、どのFX会社も売買手数料が無しということになっていますが、その代わりのものとしてスプレッドがあり、それが現実のFX会社の収益だと言えます。システムトレードというものは、人間の感覚とか判断が入り込む余地がないようにするためのFX手法ですが、そのルールを作るのは人ですから、そのルールが永遠に使えるということはあり得ません。「FX会社が用意しているサービスの中身を調査する時間があまりない」と仰る方も多々あると思います。これらの方にお役立ていただきたいと、それぞれのサービスの中身でFX会社を海外FXブログでXMト................